作品集
ico-list
005 ico マンション住戸 内装改修
 
kka-list
012 kka 古民家 現地再生
 
sya-list
013 sya 古民家 現地再生
 
tdi-list
014 tdi 古民家 現地再生
 
hdm-list
015 hdm 古民家 現地再生
 
kho-list
020 kho 古民家 現地再生
 
 
014 tdi 古民家 現地再生
tdi001
外観
photograph | Atsushi ISHIDA
建物の特徴  

 明治6年に建設された築140年以上の古い農家住宅の現地再生工事である。全体の規模としては桁行9間、梁間5間と大きく、上層農家の家格を持つ民家だと考えられる。
 敷地は山地丘陵地に囲まれ、周辺は緩やかな傾斜地形を呈している。自然環境に恵まれた立地で、東側は斜面となっており、その先には畑が広がる。敷地内には主屋の他、長屋門、納屋、作業小屋、離れがある。施主は敷地内の離れで住んでおり、この主屋には施主の母と長男夫婦が暮らす。
 築年数の浅い増築屋を活かすことが条件であった。増築屋は台所・食事室・浴室・洗面所で構成されている。私達はまず錯綜している動線を見直し、主屋と増築屋との接続位置やを変更した。玄関を入ると大きな吹抜け空間であるホールが見える。吹抜けからは民家特有の梁組が望むことができる。吹抜け上部には通風と採光を目的としたハイサイド窓が南北に設置されている。動線処理空間であると同時に民家の魅力を見せる空間とした。また利用されていなかった書院・床の間のある奥の間を、座敷西側に移動し、12.5畳の二間続きの部屋とすることで、利用率の向上を図った。間取りの変更により行き場を失った2組の欄間は縁側へ場所を移し外観を彩っている。

   
概要  
所在地 千葉県
用途 専用住宅
工事種別 改修
建築面積 177㎡
延床面積 209㎡
2階床面積 32㎡
1階床面積 177㎡
階数 地上2階
構造 木造(伝統軸組み工法)
進捗状況 完成
監修 和田工芸 和田勝利
施工 保川建設
   
tdi004
玄関
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_005
ホール
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_003
玄関
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_006
応接間
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_007
ホール
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_008
階段ホール
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_009
ロフト
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_010
ロフト
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_011
ホール
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_012
座敷
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_013
座敷
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_014
寝室-1
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_015
中廊下
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_016
寝室-2
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_017
トイレ
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_018
縁側
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_019
外観夜景
photograph | Atsushi ISHIDA
 
tdi_020
外観夜景
photograph | Atsushi ISHIDA